読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体重計買ったら6ヶ月で10 kgやせた

f:id:flada:20150912220658p:plain

今日で27才になったが、2015/3/4 には 88.4kg あった体重が今日時点で 79.0kg まで減っていた。約10kgの減量に成功したことになる*1

せっかくなので、どういう変化が自分に訪れたのか振り返ってみる。

目次

  • 食べ過ぎたり 太ったり(〜2015/2)
  • 体重計を買ったり 食事に気をつけたり(2015/3〜2015/4)
  • APIで遊んだり くコ:彡 をしたり(2015/5〜2015/7)
  • 停滞したり Activite Pop を買ったり(2015/8〜)

食べ過ぎたり 太ったり(〜2015/2)

テレビ・冷蔵庫・洗濯機のいわゆる「三種の神器」を持たない生活を上野で始めて半年ほど経った 2014 年の夏。

「洗濯が面倒臭ければ洋服を買えばいいじゃない」「最寄りの冷蔵庫は 1F のコンビニ」等と放言するが、それもこれも何もない生活へ抗いたい気持ちの現れ*2だったかもしれない。


御徒町駅から徒歩2分と都心(?)に引越したことで、特に食生活のすさみ具合は酷かった。 上野のオフィス*3まで徒歩で10分ほどだったが、道中の家系ラーメン屋に週1回以上のペースで通う。

まぁ、それくらいならなんてことは無い。この頃の食い意地精神を特に象徴するのは、家系の後にすぐ横のカツ丼屋をハシゴするくらいの勢いを持ちあわせていたということだ。 こういうことを繰り返していたら、近しい人々の中でデブキャラ*4としての立場を確立させてしまった感がある。


当然の結果として、秋ごろの健康診断でメタボ予備軍という扱いを受ける*5


2014 年も暮れかけた頃、ようやくではあるがさすがに太りすぎたかなと自戒の念が生まれたらしい。


しかし、具体的な行動に移るのは、2015年に入ってからだ。

体重計を買ったり 食事に気をつけたり(2015/3〜2015/4)

体重計を買う

意を決して、良いと聞いていたネットワーク対応体重計*6を買った。 行動には及び腰でもまずは投資というやつ。 Withings を選んだのは何でだろう、他にオムロンタニタも同様の製品を展開しているが一長一短で難しいというのが正直なところ。


初回の計測では、体重が 88.4kg、BMI は 27.3 という数値だった。 標準的な範囲の BMI は 18 ~ 25 らしいので、太り過ぎだという事が明らかになる(分かってた事だが)

自分の体重を知ること。単純だけど、これが出発点だったことは疑いようが無い。

実は、痩せたという成功体験をまず得るために、初回の計測だけはあえて着衣で計測するというズルをした。 グラフを見ると、服を脱ぐだけで 1.4kg の減量(?)に成功していたらしい。

効果測定はモチベーションの源泉

お腹を見て漠然とヤバいと思っていた事が kg という単位で測定できるようになると、ある時点に対して増えたのか減ったのか数値として分かるようになる。

例えば、計測し始めてまだ間もない頃に、ガクっと体重の下がっている時点があるが、3/13 には 85.8kg、3/15 には 84.2kg という具合に減っている。 その日は一日を通して何も食べなかったらしい。

この一件で「食べなければ体重は減る」ということが強烈に印象付けられた。 効果があったのかどうか、そのフィードバックがあるだけである種のモチベーションというのは生まれてくる。

長期的な傾向の観察が大事

フィードバックがあるだけでモチベーションは生まれてくると言ったが、これは分かりやすい形で示されないといけないし、可能であれば自動で得るものであって欲しい。

ここらへんがネットワーク対応体重計の良い所で、計測結果を保存しておいて、スマホのアプリ等からグラフで表示させる事が出来る。 大抵は目標値をプロットしたり、期間を変更しながら表示させたりも出来るだろう。

これは定期的に体重を測るようになって分かったことだが、体重を前日と比較するのはあまり効果的ではない。 短期的に見ると体重を増減させる要素はあまりにも多いので、長期的な傾向を観察するべきなのだ*7

これを自分の手でやったら… というのは考えるのも気が進まない。

食事を改善する

いろいろと体重計を買って気づいたことを並べて来たけれど、実際の行動が伴わないと体重計に乗っても悲しい思いをすることになる。 そこで、まずは食事を改善しようという考えに至った。

ちまたでは糖質制限ダイエットが流行っているとか。理論には疎いが「ご飯とパンを控える」ということだけを実践している。

まず、糖質とは何なのか?これを考えるのが面倒くさいので、ご飯とパンに限定してしまう。 その上で、一切を制限するのではなくて、時々は食べるのを許してしまう。 だから、糖質制限ではなく「ご飯とパンを控える」と表現した。こんな感じのゆるさで、今のところ上手くいっている。

食べる量に問題を抱えていた(であろう)自分にとって、食べ過ぎない程度の制限で十分以上に効果を確認できた。それを分かりやすい形で実現できるのがこの形だったのかなと思う。ご飯とパン、やつらが一番スケールするんだ。

あとは、昼に外食するのをやめた。外食は、量の調整も、ご飯・パンを抜くのも困難だ。かといって自炊する訳でもないのでせっせとコンビニに通う。購入するのはもっぱらインスタントではないスープ類で、春雨入りとか豚汁とかそういう系。それに揚げ物とかちょいと買い足して満足感を演出している。

API で遊んだり くコ:彡 をしたり(2015/5〜2015/7)

Withings API

Withings は API を公開している。これを利用して、twitter の screen name を直近の体重に置き換えて遊んだりした。

ついでに、その様子を LT した。

自分の計測データを API を利用して触る事が出来るというのは、かくあるネットワーク対応体重計の中で Withings だけの利点かもしれない。 API ってなに?という人も IFTTT などのサービスを介して、ある程度の自由を享受できたりする。

くコ:彡 のやり過ぎで勝手に痩せる

5/28 に スプラトゥーン が発売された。

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

発売当日に WiiU と一緒に購入してドハマりした私は、平日・休日問わずご飯を食べるのも忘れてインクを撒き散らすことに没頭したのだった。

5月下旬から6月下旬にかけていちばん体重の減りが良いのだけれど、それは くコ:彡 が原因ですという嘘のような本当の話。周囲のヒトからは、痩せたというよりゲッソリして見えると評されたりした。

リバウンドに怯えたり Activie Pop を買ったり(2015/8〜)

リバウンドの恐怖

6/28 に念願の 70kg 台突入を果たす。 しかし、順調すぎたのか、あるいは連日の くコ:彡 で積もった睡眠不足も限界にきたのか、8 月上旬に盛大にリバウンドする。

この頃の計測回数が少ないのは、体重計に乗ることを恐れていたのだろうというのがグラフから読み取れて面白い。 どんな理由でやせたにしろ、継続できないと意味が無いということを実感する。

Withings Activite Pop でモチベ再燃

8/16 に Withings Activite Pop という時計を購入した。 これは見た目カワイイ(?)な時計に活動量計・アクティビティトラッカーとか呼ばれるやつの機能を追加したもの。

何が良いって、見た目が良い。アクティビティトラッカー としては Jawbone とか Fitbit が本命っぽいけれど、常時身に付けるものとしてはあまりカッコよいものではないと思っていて、その点で Activite Pop は満足度が高い。

追加のオシャレ要素として替えのバンド3色セットが展開されている。こちらは9月になって日本でも取り扱いを始めたばかり。もともとブラックの盤面とオレンジのバンドの組み合わせに惹かれて購入したので、すぐに注文したのだった。

他に気に入っているのは、時針・分針とは別に活動量専用の針が用意されているところ。時刻を見るのと同じようにして目標値に対してどれくらい歩いたのか把握することが出来る。むしろ、盤面の表示ではそれしか出来ないとも言えるのだけど、目標達成までチラチラとこいつを見つつ、寄り道しながら帰宅したりしている。

現在の目標値は 7000歩/日 に設定していて、これはオフィスまで徒歩で往復した場合の歩数を 1.5 倍したもの。

少し努力すればクリアできる「適切な目標」を立てることの大事さを、身を持って経験させてくれたのも Withings なのだった。

「食べない」と「運動する」の両輪

歩きまわるようになってから、やはり体重が減少傾向にある。

食事を緩やかに制限することである程度減量できていたのは、もとが食べ過ぎだったからであって、そのままで壁にぶつかるのは自然なことだった。 次の一手を、というタイミングでちょうど良く Activite Pop の日本発売がされて、「運動する」という方向にも関心が向いたのは良かったと思う。

最近は腕立て・腹筋を欠かさない毎日なのだが、これは自分の身体を見てニヤニヤする以外に何か計測の仕方がありますか?

まとめ

10kg やせたとか書いてみたが、体重を意識過ぎるのは良くない。

f:id:flada:20150912224356p:plain

体重は直接コントロール出来ないので、自分の行動へ意識を集中するのだ!


震源地は esaを支える睡眠を支える技術 の、この言葉でした。

睡眠自体はコントロール出来ない

*1:27才と10kg減量おめでとうの気持ちは http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2OUG4X1Q893A3 まで

*2:まったくもって自業自得だったのだが…

*3:今は神田に引越したが自宅からの距離はさほど変わらない

*4:大食いキャラと訂正しておきたい

*5:よく調べたら前年も同じようなツイートしてて笑えない

*6:この呼称が一般的かは知らない

*7:その方が精神衛生的にも良い